お役立ち情報 / Useful Information

これからの春に向けてオススメHAIR COLORをご紹介!

春に向けてイメージチェンジを希望されるお客様が増え始めるシーズン。そこで今回は、ヘアカラーをピックアップ!発売以来、お客様より「傷みにくい」「手触りがいい」「手触りの良さが長持ちする」とご好評いただいている『Top-on-Do』と『G-BROWN SHADE』をご紹介します。

人気のベージュバリエーション
Caramel Beige キャラメルベージュ

柔らかく、ガーリーな印象を与えるキャラメルベージュ

毛先は褪色が目立ち、イエローアンダーでくすみが目立つ。

モデルの感想
染めた直後、ドライヤーで乾かしただけなのに、触り心地はサラサラ♪見るからにツヤツヤで天使の輪が出来ていました!ちなみに、染める前には何とも思っていなかった前髪が・・・染めた後サラサラになりすぎて、目にかかるのが気になって切ってしまいました(笑)髪の毛を洗った後のしっとり感は今までに味わったことがない感覚で、他の毛染めを使った時とは全く違っていました。「前のカラーよりも似合っているね」と周りの反応も上々です。
アルカリカラー Top on Do 56色のカラーバリエーション ダメージが少なく、手触りの良さが長く持続。色深くハイクオリティな仕上がりを実現。

キャラメルベージュ MIXレシピ Top on Do BE8 + Top on Do C9 【1剤比率】1:1【使用2剤】6%

プロセス

オレンジのティントがされているため、根元塗布後は、
中間~毛先にグラデーションを掛けるイメージで
塗布するだけのシングルプロセス。

根元~中間→塗布量多め、中間~毛先→塗布量少なめ
カラー剤を流した後は、褪色防止と
毛髪ケアに『Gリアクター』を
お使いください。
→ 詳しくはこちら

ポイント

新生部~既染部のレベルに大きく差があり、
既染部にくすみが目立つ場合は、
以下の薬剤の使用をおすすめします。

MIXした薬剤に『Top-on‐Doクリアー』を全体量の約20%~30%程MIXした薬剤、『Top-on‐Do C9』の配合比率を上げた薬剤

『Top-on‐Do BE8』のMIX比率を増やす事により、ブラウン味が増し、モカ系ベージュになります。

※白髪10~15%以上・ペールイエローアンダーの毛髪は対象外となります。※染め上がりの色は、地毛やアンダーにより異なります。

ツヤとスタイルの柔らかさが引き立つ
Ruby Brown ルビーブラウン

深いツヤがあり、エレガントな印象を与えるルビー系グレイカバー

中間~毛先は褪色が目立つ。履歴・・・4ヶ月前に約8レベルのグレイカラーを施術 / 白髪・・・フロント→約20%(集中)バック→約10%

モデルの感想
「ルビーブラウン」というカラー名を聞いて、赤みが強いのかなと思いましたが、落ち着いた色合いで赤みが浮くこともなく、ツヤがあってとても気に入っています。また、これまでは染毛後しばらくの間、髪のパサつきが気になりましたが、今回は全く気になりませんでした。本当に染毛後なの?と思うくらいにしっとりツルツルで、嬉しくて何度も触ってしまいました。
低アルカリカラー剤 G-BROWN SHADE ニーズの高いブラウン系28色 クシ通りの滑らかさが特徴で、アルカリ量コントロールにより、明度・カバー力共に幅広い提案が可能な、ハイクオリティーLOWアルカリカラー。

ルビーブラウン MIXレシピ G-BROWN SHADE Lab.6 + Top-on‐Do R9 【1剤比率】2:1【使用2剤】3%

プロセス

(1)白髪の集中しているフロントから、MIXした薬剤を多めに塗布。(2)根元塗布終了後、15分間自然放置。(3)(1)で残しておいた薬剤を、中間~毛先に塗布。(4)全体の塗布終了後、10分間自然放置し、流す。

カラー剤を流した後は、褪色防止と
毛髪ケアに『Gリアクター』を
お使いください。
→ 詳しくはこちら

ポイント

白髪のカバー力と彩度を重視する場合(比率1:1)、ティント・明度を重視する場合(比率1:2)

  • 約7レベル以上のグレイカバーを狙う場合は、白髪が密集している部分に、プレピグのイメージで低い色番号のブラウンを先に塗布してから、明度の高いミックス薬剤を重ねて塗るのも有効です。
  • 既染部のトーンダウンが気になる場合は、MIXした薬剤に『Top-on‐Doクリアー』を全体量30%~50%配合した薬剤をご使用ください。
  • ホームカラーなどの繰り返しでくすみが目立つ既染部布には、『Top-on‐Do R9』の配合比率を増やす、または単品でご使用ください。

※グレイカバーの対象は、30%程度までを想定しています。※染め上がりの色、白髪へのカバー力は、地毛・アンダーの状態により異なります。

ヘアカラー / Hair Color

バックナンバー
2017-04-13
美髪を守る3つのケアアイテム新登場!
2017-03-06
YUKO トリートメント ダメージケア新登場!
2016-01-26
ロックインカラー、ココロGリニューアル記念/スキャルプマッサージャー登場!
2015-12-24
新エイジングケア始まる。ココロG、ロックインカラーがリニューアルして新登場!
2015-10-30
髪の化粧品「Gヘアウォーター」第2弾!
2014-12-18
アクアGベースウォーターがリニューアルして新登場「Gヘアウォーター」
2013-04-25
ホームケアアイロン YUKO IRON long
2013-02-15
G-CREAM STRAIGHT たったこれだけで仕上がりに違い!ストレートの毛先にアプローチ
2012-12-26
Phiten×AFLOAT Top-on-Do D ヘアカラーセミナー in名古屋・東京
2012-11-01
素材の良さを守る・引き立てる。アラフォー世代の、おとなカワイイ艶カラー
2012-10-10
カラー剤が生まれ変わって新登場!!進化<深化 Top-on-Do D
2012-09-12
アクアゴールドシリーズを支えるこだわりの「水」。
2012-08-01
地球環境と人への環境を考えたエコロジーでエコノミーなオイル ファイテン ミストオイル
2012-07-05
美容師さまの“手肌”の健康を考えた業務用ヘアケア誕生
2012-06-01
ファイテンの“美髪への想い”が詰まったアイテムをご紹介
2012-05-01
「G-CREAM STRAIGHT Due」をクローズアップ。進化したストレートスタイル。
2012-04-03
4種類のシャンプーと3種類のトリートメントを徹底比較!
2012-02-14
これからの春にむけてオススメHAIR COLORをご紹介!
2011-12-13
プロフェッショナルヘアアイロン「YUKO IRON」の新機能を大公開
2011-10-06
プロフェッショナルヘアアイロンが新しく生まれ変わりました
2011-08-01
サロン様からうれしい声が続々。マルチ処理剤『Gリアクター』サロン様体験談
2011-05-10
サロン様に朗報。マルチ処理剤「Gリアクター」新発売
2011-03-04
髪の悩みを抱える方の間で人気急上昇中!91.4%の人が違いを実感!
2011-02-02
実は深~い、つながりが…「頭のコリ」と「髪の毛」の関係って?
2011-01-08
「育毛」の視点から開発された髪-FOOD
2010-11-22
ファイテンウェーブシリーズ発売“フードケア”でウェーブに“自然”の美しさを。

PAGE TOP